とあるブログを読んで、「分かるわ~」と思った。下記がその文である。

 

結婚はまだいいよ。分かるよ。配偶者以外とは関係を持たないっていう法的な契約関係じゃん。でも"付き合う"って何? タダでセックスできる相手を確保できるっていう以外に何があるの? 道端で手を繋いで歩いてるカップルを見るとどうしても『ああこいつら、このあと滅茶苦茶セックスするんだろうな』って考える。無印良品のカタログに出て来そうな無味無臭のカップルでさえ帰ったら滅茶苦茶セックスするんだと思うとグロくてグロくて仕方なくて。でも私ね、結局、ドリーム小説に育ててもらったから、良いドリーム小説を書いて、ドリーム小説に恩返しがしたいっていう気持ちだけなの。決してこの身で体験することができないボーイズラブと違って、男女の恋愛を描くドリーム小説でモノを言うのは良質な実体験に基づくリアリティのみなわけ。だから私はリアリティを追求するために男と付き合う、ドリーム小説に活かすために男と付き合う、監督のトロフィーも舐める、そして上質な、愛のある、良いドリーム小説を書く。だって現実には利己心に基づいたメリットのない駆け引きしかできないから。つまり腐ってんだよ人と付き合うってのはよお!!!」

女友達の新しい彼氏との馴れ初めを聞きに行ったら死ぬほど文学だったから文学書きました - on my own

 

 結婚とは契約だ。相手以外とは関係を持たない、清廉潔白でいようね、お互いにね、と、純白のドレスを着て微笑む儀式だ。まあ昨今はそうでもないようですけどね。わたしが勤めていた場所には、結婚をしている人が大勢来た。そういう人たちが契約をしていない人と過ちを犯し、それを清算する場でもあった(もちろんそうでない場合もたくさんあったのだが)。だからわたしは不倫とか若年層の妊娠とか、そういうことに対してなんだかとても複雑な気持ちを抱いている。

もちろん契約は契約なんだから、不履行にすればそれば契約違反だ。それはいけない。だってこの人以外を愛さないと決めたのだから。結婚とはただ一人のみを愛する、そういうものだとわたしは思っている。でも現実は違う。現実は複雑だ。

わたしはあの人たちの本当の事情や経緯を知らない。へらへらと笑いながら彼氏と待合室に座っていたあの人が、本当は心の中では泣いていたのかもしれない。結婚している、と、話したのに、紙に書いた名前は違うものだったりした。

結婚とは。性欲とは。なんぞや。

わたしは最初、そういう人たちを軽蔑していた。でも今はやはり複雑な気分でいる。正しいことを言うのは簡単だし、正論だから殴られた方は反論はできない。でもわたしはあなたじゃないし、あなたの心は分からない。どういった経緯があって、そうしたことになったのか、分からない。働いているころは嫌で仕方がなかった。「またか」と呆れた。優しい気持ち、思いやる気持ちは持てなかった。

それでよかったんだろうか。「悪いこと」と決めつけて蓋をして閉ざすことは、本当にいいのか?

あなたは彼女の事情を知っている? 彼女が何を考えていたか、知っている?

あなたの投げつける正論は、あなたに返ることはない? あなたは「善良な人?」

そういえば、最近有名になっているこんな漫画があるね。

kc.kodansha.co.jp

 

「自分に何も罪がない者だけ石を投げていい」

そう言われた人々は石を投げるのを止めた。誰しもなんらかの事情を抱えている。それを忘れて石を投げるのはさぞや気持ち良いだろう。わたしもかつてはその一人だったのだな、と、思う。

石を握っていた手は、今度は誰かの肩に手を置けるような、そんな手になれればいいな。