↓iPhoneで、「HERO keyboard」が登場したらしいです。

この記事によると、

使用頻度が最も高い9つのアルファベットを抽出し、それらを真ん中に大きく持ってきて、しかも親指が動かしやすいように円形に並べるというように0からデザインし直したものになっています。

ということです。
 
ちょっと気になったので、このデザインを流用して、日本語版で作ったらどうなるか、自分で考えて作ってみました。

真ん中のボタンは、日本語だとスペースというよりは変換ボタンの方が頻繁に押すだろうということで、「変換」ボタンを配置、

その周りには、あいうえおの順で文字を配置。

その次に、「あかさたなはまやらわん」を設置。

例えば、「か」を押すと、「あいうえお」の部分が「かきくけこ」と表示が変わる仕組み。

iPhoneのフリック式の入力の方が便利そうだけど、この方がiPhone初心者にもわかりやすくていいかも。

この日本語版はあくまでも自分の妄想ですよ。